« 鹿児島再発見(ツル編) | トップページ | どこよりも早いPOZY:COZY »

2007年2月12日 (月)

鹿児島再発見(トトロ?の森編)

おはようございます。今日は、ボスと大隈半島まで遠征。きっとバタバタするのは分かっているので・・・コーヒー片手に、この時間が大事♪

2007_0210burogu0047 さて、昨日の続き。お師匠様との鹿児島の旅ですが・・・基本的には、いろいろな施工現場をまわる、その周辺にあるいは道沿いにあるものが中心だったのですが。木が大好きな彼が感動したものが、日本一のクスノキ。蒲生町というところにあります。“がもう”と呼びたくなるでしょうが、”かもう”と濁りません。推定樹齢が1500年、内部は直径4.5mの空洞になっていて、約8畳くらいの広さです。うーん、トトロが寝てそうじゃないですか??

今は、根が傷まないように木の傍に行くことは出来ませんが・・・たしか小学校の遠足ではかなり近くまで行った記憶が・・・まぁ木を守る為には根を踏まないことは大切なことですから、仕方のないことですね!

2007_0210burogu0050 でも、お師匠様ともう一つ感動したのが、萱の木。これって“茅葺屋根”の木だよね・・・こんなに大きいの?って話をしたのですが、「きっと昔は神社の屋根を葺くための木だったのかな~としたらとても大切なご神木だよね」って師匠は呟いておりました。「今まで気が付かなかった、この木に・・・」(←私の心の呟き)

クスノキを大きく掲げている神社に行くと、どうしてもクスノキを見に行く感覚に捉われてしまいますが、ちょっと視点を変えると、たくさんのことが新鮮になりますよね。駐車場脇の小径だってホント”緑のトンネル”に見えてきたり。

私が、久しぶりに彼と過ごした2日間が新鮮だったのは、プランのことにせよ現場のことにせよ、私が考えていることよりも、もっと大きな世界の中にいるそれを何度も垣間見させる言動がいっぱいだからだろうと思いました。

2007_0210burogu0053 実は、彼と会う前日まで、とにかく忙しくて忙しくて・・・風邪もこじらせてなんともいえない状態だったのですが、ココロの余分なものがいっぺんに取れて、”おもしろいことやりたいよね”って気持ちでいっぱいの“彼の勢い”をいっぱい分けてもらえた気がしています。3月末に完成予定の、彼の作る森・・・それも近いうちにご紹介できるかと思います。皆さんも楽しみに待っていてくださいね♪

« 鹿児島再発見(ツル編) | トップページ | どこよりも早いPOZY:COZY »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鹿児島再発見(トトロ?の森編):

« 鹿児島再発見(ツル編) | トップページ | どこよりも早いPOZY:COZY »

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30