« 我が家の収穫祭♪ | トップページ | 新商品を使う事 »

2008年8月20日 (水)

百日紅(さるすべり)

1_3  こんにちは、経理部長です

 鹿児島の朝は、昨晩の雨もあってか一段と涼しかった様に思います皆様がお住まいの地域はどうでしたでしょうか?お盆も過ぎ、段々2_3秋に向 けて過ごしやすくなってきますねまぁ、まだ昼間はまだ暑苦しいですが…

 今日の写真は、この時期よく目にする百日紅(さるすべり)です江戸時代に中国から日本に入って来た高さ3~7mに成長する落葉高木で、花期が7/15頃~10/15頃と長く、「100日も花が続く」ことから百日紅と書き表されます実際には一度咲いた枝先から再度芽が出てきて花をつけるため、咲き続けているように見えるそうです

 百日紅の「紅」は花の色が主に紅色だからですが、色については変異が多くて濃紅紅紫淡紫白など色々あるので、紫色の花なら百日紫と書いてサルスベリになるのだそうです。花弁は絹地をフリル状にしたような感じで、散った花も綺麗ですよね

 さるすべりの名前の由来は、「幹がスベスベで、猿も登れない」ところからきてるのは有名ですがくすぐりの木こちょこちょの木なまけものの木という多彩な異名もあるそうです

 別名の由来は、枝が細くて振動を伝えやすいので、幹を指でくすぐると枝の先の花まで揺れることからきてるとか。「なまけものの木」は、春の芽の出るのが遅く、秋には他の木に先がけて葉を落としてしまうからだとか

« 我が家の収穫祭♪ | トップページ | 新商品を使う事 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 百日紅(さるすべり):

« 我が家の収穫祭♪ | トップページ | 新商品を使う事 »

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30