« 季節感・・・ | トップページ | サダ伸びぃ~ »

2008年10月14日 (火)

エボルブルス(アメリカンブルー)の花

1  こんにちは、経理部長です

 やどやのご近所で、エボルブルスの花が咲いていましたヒルガオ科で、北~南アメリカに約100種類分布する一年草3 もしくは多年草です日本で一番多く栽培されているのは「アメリカンブルー」の名前でも通っている「エボルブルス・ピロサス(pilosus)」だそうです。

 1980年代に日本に入ってきたといわれ、今ではエボルブルスの名前でも見かけますが、当時は正確な名前などがよくわからなかったのか、アメリカ産の青い花を咲かせる植物ということで『アメリカンブルー』の商品名で普及して現在に至るようです

 花の大きさは1~2cm、茎は長く伸びますが直立せずに横に這うように延びていきます。その為、以前はブルーカーペットと呼ばれていたこともあるそうです。茎が伸びすぎてきたら刈り込みをします。花が終わる11月頃に茎をばっさりと1/2程度の長さに切り戻した方が良いそうです脇芽の上で切ると早く蕾がつきます

 比較的早く普及したようですが、かわいらしい青い花、ちょっと照れてしまうような花言葉…【あふれる想い、花期は6月~11月と長く育てやすいことなどが要因なのでしょうね

« 季節感・・・ | トップページ | サダ伸びぃ~ »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: エボルブルス(アメリカンブルー)の花:

« 季節感・・・ | トップページ | サダ伸びぃ~ »

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30