« いつのまにか・・・ | トップページ | マメ知識 ~靴編~ »

2009年4月16日 (木)

* ボリジの花 * 夏の花?鹿児島は咲いてます♪

1_3 こんにちは、経理部長です

 今日は、先日小林に行った時に撮ってきたボリジ(学名;Borago officinalis)の写真をUP致します

2 紫科の一年草で、和名は瑠璃萵苣(るりちしゃ)です南ヨーロッパが原産地で、草丈は50センチメートル程。茎にも葉にも粗毛が多い為、学名の「Borago (ボラーゴ)」は、「粗毛」というラテン語に由来しているそうです。

3_2 6~8月に葉のつけ根からさそり形花序を出し、直径2~3センチメートルの瑠璃(るり)色で星形の花を下向きに開かせる為、スターフラワーとも呼ばれます開花が始ま ると、つぼみが次々にできて、1か月程の間咲き続けてくれます1_2古くから薬用植物として利用され、カルシウムやミネラルが豊富なので副腎(ふくじん)の働きを助 けます。カリウムなどの塩類も豊富で、強壮薬であるとともに血液を浄化する働きもあるそうですまた、種子に含まれるガンマ-リノール酸は多2_2くの疾患に効果があり、新鮮な若葉は、発熱の際に口に含むことで解熱剤の役割を果たし、ペースト状にした葉は打ち身や捻挫の湿布薬として用いると良いそうです。…意外と色々なことに使Photoえるのですね

葉はキュウリに似た香りで、サラダに入れて食べて良いそうです花もサラダの彩りや砂糖菓子として楽しめます。そういえば、小学生の頃に遊びに行った友人宅で、お母さん手作りのケーキに砂糖漬けしたボリジの花が飾ってあったのを覚えていますこの花だったんですね

 古代ローマ人たちは、人を元気づけ、悲しみや憂鬱を忘れさせてくれるハーブとして、ワインに浮かべて飲んでいたそうです。白ワインにボリジの花を浮かべると、徐徐にピンクに色が変わるそうですロマンチックですねぇ~

 ボリジはミツバチを呼ぶというので、いちごの実付きをよくすると言われています。実際、写真を撮ってる時も何匹もミツバチが密を吸いにやってきてました苺を植えてる横に植えると良いかも

 葉の重さで茎が倒れることがあるので、常に葉を収穫して身軽な状態を維持してあげると良いそうです

« いつのまにか・・・ | トップページ | マメ知識 ~靴編~ »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: * ボリジの花 * 夏の花?鹿児島は咲いてます♪:

« いつのまにか・・・ | トップページ | マメ知識 ~靴編~ »

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30