« 親子っぷり | トップページ | »

2009年7月15日 (水)

サルビア・グアラニティカ (メードーセージ)

Photo  こんにちは、経理部長ですミッシェルはなちゃん、本当に毛色が似てて親子みたいですねミッシェルの塀スレスレで歩いてる逃げっぷりが、可哀想だけど笑ってしまいますごめんねミッシェル

 さて、今日はサルビア・グアラニティカの写真をUP致しますサルビアと言われると真赤な花を思い浮かべませんか紫色のこの花は園芸上では別名のメドーセージ」で流通してるのでサルビアの仲間というイメージが私は薄いです

 名前の由来は原産地の一つのパラグアイの先住民族グアラニ族(Guarani)からきたそうです。シソ科アキギリ族の常緑小低木で、成長が早く1m~1.5m程になります茎の先端に濃い青紫の穂状花序をつけ、萼の色は黒っぽく蛇が口を開けたようね形をした個性的な花です。そう聞くと写真の花が蛇にしか見えなくなりそうですね。。。落ち着いた色ですが結構濃いめの色なので、お庭のワンポイントに良さそうです

 挿し木や株分けでも増やせる花で、花期は夏から秋花言葉は「素朴」です半耐寒性なので、冬場の霜や雪の時は地上部がすっかり枯れて見えなくなって駄目になったと思っていると、必ず春にはまたしっかりと株が上がってくるそうです(冬眠?)枯れたと思って引っこ抜かないようにしないとですね

« 親子っぷり | トップページ | »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: サルビア・グアラニティカ (メードーセージ):

« 親子っぷり | トップページ | »

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30