« ワット チャイワッタナーラーム | トップページ | タイの国花 »

2010年2月26日 (金)

ワット・マハタート

続けて室長です。

A5世界遺産に登録されているアユタヤ歴史公園の中で、一番有名なワット・マハタート。

    ちなみ、ワットとはお寺を意味する言葉のようです。1374年ボロムラーチャー1世により建築が始められ、ラームスエン王の時代に完成しました。ここも、その他と例にもれず、1767年にクメール様式の仏塔を含めビルマ軍によって破壊され、その際境内にあるほとんどの仏像の頭も切り取られており、現在もその姿が痛々しく残っています。

A3A2木の根に包まれるように置いてある、有名な仏頭ですが・・・どうもこの仏様を背に写真を撮る気持ちにならずに、記念写真は断念。

A1ガイドさんが・・・いろいろな事を感じやすい人は、、、気分が悪くなったりするんですよってちょっと霊的なことをおしゃっていましたが・・・

そこまではないにせよ・・・何かを感じたような(←気がしただけですが)本当は、鈍感な私です。

« ワット チャイワッタナーラーム | トップページ | タイの国花 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ワット・マハタート:

« ワット チャイワッタナーラーム | トップページ | タイの国花 »

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30