2011年11月21日 (月)

スヌーピー山再び!!

Photo こんにちは、またまた経理部長です

 クレープ屋さんの先に行き着いた所は、指宿の温泉ですそれまでの道のりで見えてきたものは、通称スヌーピー山です(本当の名前は竹山です)

1_2 以前違う向きから見た写真で猫耳に見えてブログUPしましたら、そのブログを見てスヌーピー山と呼ばれている山だと、以前工事をさせて戴いたN様に教えて頂きました

 そこで、スヌーピー山で検索して、別の方がブログUPしてる写真を見ていたのですが…、まさにこの角度がスヌーピー山なんだとテンションUPした私を見て、無言で車を脇に止める主人…彼にとっては「いつものこと」(ブログUPの為に写真撮るんでしょ?)デス

 よく見るスヌーピーの小屋の上で寝ているイラストは、頭が左側なので逆方向ではあるのですが、たしかに似ていますねただ…気になるのは、喉仏らしきものがあること…。たまたま木がそこに生えてるだけの自然の形なので山に罪はないのですが、喉仏のあるスヌーピーってなんだかダンディ

 スヌーピー山(竹山)の真裏のある温泉に入りました角度は斜めですが、本当の向き(頭が右側)に寝てるスヌーピーが露天風呂から見れました男湯、女湯どちらも見れますそして、かなり近いので圧巻デス

2011年10月28日 (金)

東洋のナイアガラと一緒に・・・

こんにちは、室長です。

この写真がどこか分かられる方がいらっしゃれば・・・それは、スゴイ。

“東洋のナイアガラ”・・・曾木の滝の公園内です。

この前、初めて、この道の奥へ歩いてみたのですが・・・なかなか雰囲気があって、結構素敵な場所でした。

これから、もみじ祭りも開催されるでしょうから・・・ぜひ紅葉と一緒にこの場所も探索してみてください。

http://www.rurubu.com/event/detail.aspx?ID=10777

ちなみに、、、この写真・・・2,3年前のものかな???

つい先日も行ってきましたが、、、紅葉というよりは、しっかり緑でした・・・寒くなったので、少しは色づいたかな???S6

2011年9月 8日 (木)

次に来る!!

こんにちは、室長です。

先日、家族でよく行く焼き鳥屋さんの御主人に頂いたものです。奥様が、沖縄出身の方なので、沖縄のものに敏感ではあるのですが・・・

真剣な顔で・・・

「これが、次に来ると思ってるのよ・・・」

と、この塩せんべいを渡されました。

次に来る・・・本土で流行る沖縄の食べ物・・・ということみたいですが・・・

素朴な煎餅で、確かにシンプルでやめられない感じだけど・・・

おいしいけど・・・

本当に来るのか・・・?

と思ってしまいました。。。

簡単には来ないと思うけど・・・Dsc_0082

2011年8月28日 (日)

道の駅「樋脇」で・・・

Butaこんにちは、室長です。昨日は、薩摩川内市の打ち合わせがあり、待ち時間を道の駅「樋脇」で過ごしました。

お昼ごはんも・・・道の駅で食べてみました(←一人でお店は得意ではないのですが)

メニューを見て、やっぱりここはと思ってDonn、当店自慢の「樋脇みそ焼き丼」を頼んで、メニューを眺めておりましたら・・・

からあげ定食・・・\600 当店自慢の自家製からあげです。

コロッケ定食・・・\550 当店自慢の自家製からあげです。

・・・と書かれていました。コロッケ定食なのに・・・から揚げの自慢?

どんだけ、自家製から揚げを自慢したかったのか・・・ここはやっぱりから揚げを食べるべきだったかと笑ってしまいましたが・・・多分作成ミスですよね。

地元のお母さん達が作っている感じのアットホームな食堂で・・・ボリューム満点。男性のお客さんが多いのに納得しました。

お野菜とかもたくさん売っていて、道の駅としてはかなり充実していると思いました。次回は、当店自慢の自家製から揚げを食べに行かないとな・・・って思っています。

2011年7月23日 (土)

中国日記~アモイ石材編3~

こんにちは、室長です。

まだやるのか・・・と聞こえてきそうな・・・私の中国日記。自分でも若干・・・新鮮味のない内容になってきています。すみません。

さて・・・

10この中国の方が作っているのが・・・花壇などの縁に使われるピンコロ石です。おじさんの左足の前にある石に

ピンコロサイズの切込みを入れて・・・ハンマーで上から叩くと・・・見事にポロッと1個の石ができ上がります。

それを・・・のみで少しずつ叩いて・・・形を整えていく感じです。

1個を仕上げるのに、そんなに手間がいらないわけでもないのですが・・・1個の値段を考えると、決して楽な仕事ではないな・・・と。いったい一日何個のピンコロを仕上げるのだろうと思うと、ちょっと気が遠くなってしまいます。

もう少し、工場らしい環境のところで作られているのだと思っていたのですが・・・この手間隙かかかっている感じに、ちょっと驚きでした。

2011年7月20日 (水)

中国日記~アモイ石材編2~

こんにちは、室長です。 台風で甚大な被害が出ている地域もあられるようなので・・・なんだか早く東に抜けてしまえと、願わずにはいられないですね。

さて・・・

自分でも飽きてきた中国日記・・・取りあえずもうしばらくお付き合いください。

8 遠くに見えている石を切断していくカッターですが・・・

私の写真を比較の為に載せましたが・・・直径が2mほどあります。

これで、水を撒きながら切断していくのですが、一日にほんの数十センチしかカットできないそうです。

しかも、このエリア、雨の日はぬかるんでいて、とても大変だろうな~と思って質問したら・・・車が入ってこれないので・・・作業は休みになるとのこと。

9しかし、切り出している石は、そこらじゅうに転がっていたので・・・別に雨の日に作業できなくても・・・そんなに困らないと言っていました。

なんだか、私たち工事店がせかせかと工事していく中で使用する石ですが・・・それ自体が切り出されたり、加工されたりするのは、とってものんびりした時間の中で行われているような気がしました。

なんだかお国柄というか・・・自然を相手にお仕事をしていると・・・どうしようもないことには諦めがついたりするものなのかな~と思ったり・・・でした。

2011年7月19日 (火)

中国日記~アモイ石材編~

こんにちは、室長です。大型の台風が、各地に影響を与えていますが、皆様がいらっしゃる地域は、大丈夫でしょうか?鹿児島市内は、雨風ともに・・・大した影響もなく・・・本当によかったと思っております。

さて・・・だんだん飽きられてきそうな、私の中国の日々ですが・・・

一応、今回の旅の大きな目的の・・・石材の研修について・・・

“何回か”に渡って・・・書かせていただきます。

私達が、上海を経由して行った場所が、アモイといって・・・ちょうど台湾のおへその辺りを、そのまま西の方へ移動した・・・そんな所に位置する場所に、石材の見学に行って参りました。

写真にある山は・・・全て日本で私達が

“サビ”

と言って取り扱う色の石が採掘できる山になります。この山から切り出した石が、その大きさや層の特徴ごとに、加工されていくことになります。

以前は、ダイナマイトを使って発破しながら、採掘していたらしいのですが・・・やはり事故が多いという事で、最近は、作業に危険な石を安全に落石させる為などにしか、ダイナマイトは使用されないようです。

これだけの高低差をうまく処理しながら、山の上の方から大きな石を切り出していくのですから・・・やはり大変な作業だと思いました。

ちなみに・・・山の上の方にある石の方が、「サビ」色のしっかり出ている石が取れるそうです。そして、徐々にした方にいくにつれて、石全体の色は、薄いものに変化していくようです。6 7

2011年7月18日 (月)

中国日記~その2~

こんにちは、室長です。

まだまだ続く、中国の写真ですが・・・

上海のタワーの上から見た、ロータリーの植え込みです。

かわいらしいですよね、、、

どこから見る人を意識しているか・・・と考えれば、絶対タワーの上からの目線をです。車窓から見れば気が付くこともなかったのかもしれませんが・・・

広島の同業者さんと、ばっちり写真を撮って・・・

こんなのも作ってみたいよね~と話をすることでした。近代的なイメージの建物が多い中でみつけた、上海のかわいいものです。4_2

2011年7月17日 (日)

中国日記~その1~

3こんにちは、室長です。

先週、実は火曜日から金曜日まで、3泊4日の日程で、中国の厦門(アモイ)というといころへ、石材の研修に行ってきました。

九州の工事店が参加する研修だったので、福岡発上海経由という行程の為、最初の日は、発展目覚ましい2中国上海のパワーを感じる、そんな一日でした。

近代建築と、古い建物が川を挟んで融合する・・・素敵な風景を目にしながら、同業者の皆様と懇談する素晴らしい時間を過ごすことができました。

写真のピントが甘くて、決していい写真ではないですが・・・素敵な夜景だということはお分かりいただけるのではないでしょうか?1   

2011年6月30日 (木)

純手打ちそば さかえ屋

こんにちは、室長です。昨日は、朝から大忙しの一日でした。朝の7時過ぎには、伊佐市に向かってGO!といった感じで、その後湧水町のお約束まで、午前中移動距離も含めてめいいっぱいの感じでした。

湧水町栗野での打ち合わせが終了したのが、ちょうど12時。図ったかのような時間だったのですが・・・

前々からウワサに聞いて、一度はチャレンジしたかった、さかえ屋さんのお蕎麦を食べに行きました。

店内は、やはり蕎麦好きであふれかえっていました。

このお店が大好きなFさんにすぐメールして、何を食べたらいいのか聞いたところ、

「そば定食」

「かきあげそば」

「かけそば」

と返信がありました。そば定食は、ゴハンが余分な気がするし、かけそばは、なんだかせっかくなのに貧乏臭いし(←スゴイ偏見ですが)

ということで、かきあげ蕎麦を注文しました。

そして出てきたのが、この写真。どんぶりからあふれ出すかきあげに、まずは驚いたのですが・・・このかきあげを掻き分けて行くと(←まさにこんな感じです)、やっとポソポソ切れて、風味たっぷりの田舎蕎麦に出会えます。

結構ボリュームたっぷりで、よく食べきったなと思う量でしたが、あっさりとしているので、最後までおいしくいただけました。

蕎麦好きの人なら、もっとストイックにいろいろなコメントができるのでしょうが・・・

Photoでも、遠方のナンバーの車もとまっていて、このお店のファン層の広さを思わせました。栗野には、なかなか用事もないかもしれませんが、ぜひドライブの目的に・・・このおそばをチャレンジしてみてください。

より以前の記事一覧

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30